2013/10/29

WindowsXP Installation

あと半年でsupport expiredだっつーのに今更なんじゃーという話ではあるんだが、
会社で思いっきりハマったので備忘録。


以下は、こんな方へのお勧めレシピ(はぁと
  • WindowsXP SP3入れたが、Windows Updateがいつまで経っても進まない
    (「最新のソフトウェアを確認しています」のまま帰ってこない)
  • WindowsUpdateでチェック中に「0x8024D001」でエラーになる
  • どっちにしても時間ばかり浪費して、僕もう疲れたよなんだかとっても眠いんだ

というところで、以下をチェックすると幸せかもしれない。
パトラッシュ、一緒に旅立とう(←ダメ)

  1. InternetExplorerを8にしてみる。
    どうやら6は見限られて久しいらしい。
    ダウンロードはここら辺に
  2. Updateエージェントが古い可能性があるらしい。
    エージェントを手動で突っ込むのだが、
    最新版のスタンドアロンはないらしいので、
    ひとまず旧版をインストールするべし。
    ここらへん
  3. それでもアカン場合、MSのサイトにテスト&フィックスするツールがある。
    こちらのfix itページを見るといいかも。
  4. 上記のfix itだったりで「.NET Frameworkの最新版が欲しい」とか言い出す場合がある。
    その時は2.0 SP2を入れればいいかもしれない
  5. 癇癪おこさない。
    残念だけど、WindowsUpdateはえらく時間がかかります。
    仕掛けて一晩寝かすとかの方が精神的には楽。


とにかく妙にブラックボックス化されてるところが面倒なんだよなあと毎回思う。
完全に隠蔽するか(ただのMac)、もっと開示するか(ただのLinux)のどっちかにしてほしい。
※あくまでも個人の主観と感想によるものであり、弊社の公式見解ではありません。

さて、行方不明のデバイスドライバを探すか…。