2013/11/08

Disabling IPv6 on Ubuntu

別にIPv6が悪いわけではなく。
環境の不一致による離婚。

IPv4な社内LANなんかでLinuxを使用していたりすると、
プログラムが勝手にIPv6でListenしたりして
ネットワーク上に見えなくなることがあったので、
残念ながら大元から無効化する。

/etc/sysctl.conf に以下2行を追記。
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
※古いバージョンだと2行目は要らないかも。当方12.04LTS。

登録後、
# sysctl -p
で無効化。

/sbin/ifconfig した時に
eth0      Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス xx:xx:xx:xx:xx:xx 
          inetアドレス:192.168.xxx.xxx  ブロードキャスト:192.168.xxx.xxx  マスク:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
…という感じに、ipv6アドレスが表示されてなければ完了。


また会う日まで、ごきげんようIPv6。