2014/03/19

WindowsServer 2008 のタスクスケジューラで 2147943645 エラーでタスク起動不良

ここんとこ、Windowsサーバと格闘しておりました。


デイリーのバックアップ用のジョブをタスクスケジューラ上で作成して、
テスト実行すると問題なく起動するくせに、いざとなったらエラーが出ている。

タスクスケジューラは、ユーザー "<ユーザ名>" の "\<タスク名>" タスクを開始できませんでした。追加データ エラー値: 2147943645

なんじゃこれー。

…と思ったら、ユーザがログインしていない場合にジョブが実行できないとのこと。

ということで、ジョブのプロパティ内にある
  • ユーザがログオンしているかどうかにかかわらず実行する
にチェックを入れればOKというお話でした。


勝手に入れられたタスクジョブの実行回避というセキュリティ上の話からだと思うけど、
ログインしっぱなしというのは逆にセキュリティ的におかしくないすかね。

「タスクの実行時に使うユーザアカウント」情報を保持している割に
ログオン時のみ実行がデフォルトってのもなんだかなぁ、と思うのですが。。。

さらにはコンフィグミスで発生しうる内容なんだからコード返答じゃなくて
ちゃんと発生した事由を喋ってくれよー……と。


75%ほど愚痴でしたw